みーたんの成長記録と毎日の育児日記です
by mamakobu
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

【出産レポ ~前日~】

少し落ち着いたので、
記録としても残しておきたいし、
出産までのレポートを書きつづっておきます!!
オロナミンCから、みーたん誕生まで…

2月25日、出産予定日。
14日の検診で子宮口が3センチ開いていると言われ、
1週間前から前駆陣痛というやつに振り回され、
赤ちゃんも大きいし予定日より早く産まれるかも産まれるかもと言われ…
気が付いたら予定日当日。
予定日が近くなったり超過すると、
妊婦さんはたいていまわりからの「まだ?」コールにプレッシャーやストレスを感じるって話は聞いたコトあったけど、
まわりからのそういう声はそれだけ赤ちゃんの誕生を楽しみにしてもらってるコトだから幸せなコトじゃん♪って思ってた。
だけど…いざそうなってみると、
確かにかなりのプレッシャー。 (っω`*)
気持ちはかなり焦ってた。
前駆陣痛もまるで本当の陣痛みたいに始まるモンだから、
「いよいよかも…!」と思って間隔カウントして期待して、
だんだん痛みが引いてきて、がっくり…という流れに正直まいり気味。
ついに予定日の今日も、朝から生理痛みたいな腹痛をどよ~んと感じながらも産まれそうな気配はなく、
お天気も良かったし、おなかが痛いのを我慢して近所を40分歩いて、
マンションの階段を5往復も昇降しちゃったよ。
そして…夜。
出産準備はほぼ完璧なのだけど、
Sちゃんが買ってくれたビデオカメラのケースがなくて、
そのケースを買いに2人で電気屋さんへ繰り出した。
ところが近所の電気屋さんに専用のケースが見当たらず、
ケースはまた浜松に行った時にでも買おうという話に。
そのまま電気屋さんの駐車場で夕ご飯の話題になった。
「みーたん、産まれないねェ」
「ホントいつになったら産まれるのかね?」
「陣痛促進には焼肉とオロナミンCが効くってネットで見たに」
「焼肉かぁ~」
おなかペコペコの2人の脳裏に浮かぶ、焼肉の2文字。
陣痛促進の噂がホントかどうかは別として、ただ単純に食べたい。(オイ)
焼肉食べるならやっぱり浜松のB丸だよね…
恐らく全く同じコトを考えたSちゃんと顔を見合わせた。
「行っちゃう!?」
「…いや、でももうあんまり遠くは行かない方がイイだろ」
「そうか、そうだよね」
Sちゃんのその言葉に納得し、
結局焼肉とはいかずとも、
とんかつでも似たようなモンだろうというコトになり(超イイ加減)、
とんかつを食べに行くコトに♪

とんかつを食べた後、
やけに優しいSちゃんが、最近家に閉じこもりっきりのコブを気遣ってか、
帰りにコブが地味に気に入ってるジャスコに寄ってくれた!
田舎のジャスコだから何があるワケでもないんだけど、
2人でプラプラ。
やっぱり歩いてるとおなかが妙に重たい。
みーたん、早く出てこいよぉ~
並んでる赤ちゃん用の帽子を見ながら、その思いがつのる。
「ねぇ、ダメ元でオロナミンC買ってくか!」
陣痛促進の噂アイテムを試そうというコトになって、
帰りにドラッグストアに寄って、オロナミンC購入。
コレ飲んで寝れば夜中に陣痛来るかも!?…なんちゃって。

ところが。
ようやくおうちに帰ってきた9時半過ぎ、
明日ゴミの日だ!と2人で寒い中ゴミ捨てに行って戻ってきた直後…
まだオロナミンCを開けてもいないコブが異変を感じる。
「Sちゃん、もしかしたら破水したかも…」
「えぇ!?ヤバイんじゃないのか?」
「うーん、でも破水かどうかわからないくらい微妙」
帰って来てすぐに破水疑惑が。
もし本当に破水してるとなると、
細菌感染の危険も考えてすぐに産婦人科に連絡→入院というコトになってる。
「どうしよう…違うかもしれんし」
「電話して聞いてみた方がよくないか?」
「そうかね?…うん、聞いてみる!」
昼間あった生理痛ぽいのもいつの間にかなくなってるし、
陣痛が来る気配はない。
それでも一応かかりつけの産婦人科のお産専用の電話番号に電話をかけるコトに。
ちょっと聞いてみよう~という軽い気持ちだったのだけれど…
「それでは入院の支度をして、すぐにこちらに来て下さい。
 玄関はしまってますので、インターホンを押してもらえれば開けますので!」
何だか緊迫した感じの返答が返って来て、
急に胸がざわざわしてくる。
「なんだって?」
「入院の支度してすぐ来いって」
「おぉぉぉ、いよいよか!?」
帰ってきたばかりだというのに、慌しくまた出かける準備。
いつでも入院できるように用意してあったバッグに、
あたふたしながら荷物を追加して、バタバタと玄関を出た!
「あ、ビデオカメラ持った!?」
「え…持ってないけどまだイイだろ?もし産まれそうなら取りに来ればイイし!」
この時、慌てすぎて忘れ物をイッパイしまくっているコトに、
後になって気づいた。(汗)
しつこいくらいに念入りに調べて用意した入院準備チェックリスト、
いざとなると目を通す余裕もないね。 (;^ω^A

夜10時頃、産婦人科到着。
まだ本当に破水したかわかんないし、入院するとは限らないなと思って、
入院バッグは車に置いて軽い手荷物だけ持って院内へ…
ところが「破水の場合は入院が絶対なので今日から入院してもらいますので」とキッパリ言われ、
「それが…本当に破水かわからないんです」ともじもじしていると、
先に胎児の心音とおなかの張りを見る例のテスト、
ノンストレステストをやるコトになり、NST室へと2人で通された!
Sちゃんは初めて見るこの機械。
「いつも検診でテストって言ってたのがコレだに~、コレつけるとねー」
笑顔のコブ。
しかしこの機械が、後に『恐怖のカウントダウン』をするものすごいヤツになるとはこの時まだ知らなかった。 (((( ;゚Д゚)))

2人きりで残されたNST室。
機械をつけて10分くらい経ったか、
2人して雑誌をパラパラめくりながら談笑。
「今日どうなるのかねぇ?」
「入院じゃないの?」
「破水じゃなかったらやっぱ帰されるのかなーと思って」
「俺はもういよいよかってそわそわしてるけどな」
「あ。なんか今痛い…おなか張ってる~イテテテ」
その痛みがほんの30秒くらいでスゥッと消えて、
それからまた少しして…「あぁぁ、また張ってるわ」
それからまた10分くらいして…「ま、まただに!?」
…ってコレってもしかしてーーーー!?
じじじじ、陣痛!?
( ゚д゚)( ゚д゚)ポカーン
2人であたふたしながら機械から出てくるグラフみたいな表を見てみる。
痛い時はおなかが張ってるからグラフみたいな線が高くなる…
その間隔が…じゅ、10分間隔ぽい!?
その直後にNST室に入ってきた助産士さんがその用紙を見て、
「うん、10分間隔で来てるね~」とサラリ。
てコトは…!?
てコトは、コレが…!?
オロナミンCすげェェェ!!
てか、オロナミンC飲んでねェェェ!!(爆)

ナント。
ここに来るきっかけとなった破水疑惑は白で、
結局破水じゃなかったのだけど、
単純なコブ、産婦人科に来た途端陣痛が始まったらしい。
思い込みってすごい…! (*゚Д゚*)

それから2階の病室に通されて、
テキパキと助産士さんにお産グッズ類を渡され、
「まぁ、朝辺りに産まれるといいね」と言われながら、
コブ本人は何だか呆然。
急すぎて実感わかないよ。
数時間前とんかつ屋さんでおかわり自由のご飯をおかわりしてたコブが…
まさかの予定日25日午後11時、入院。
「あーーーーー!!」
午後11時入院って…コブのバカーッ!
お産入院する時は、
夜遅いならなるべく日付が変わってからって聞いてたんだったよ。
1泊分入院費取られちゃうじゃん。 ・゚・(ノД`)・゚・。
おまけにこんなつもりじゃなくて車に置いたままだった入院バッグを取りに、
一旦また病院の鍵を開けてもらって出ないといけなくて、
Sちゃんに無理言って、
助産士さんに怒られながら取りに行ってもらったり。
「もしもし、お母さん?コブ入院したよ…
 でも産まれるのは早くて朝だって言うからさ、
 明日お母さん仕事?」
バタバタと迎えた予定日の夜となった。
「イタタタタ…」
いよいよだ、待ちに待ったみーたん誕生まであと少し。
どうか順調にいって、朝には産まれますように!!
[PR]
by mamakobu | 2008-05-09 11:13
<< 【出産レポ ~朝~】 チェスト >>


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ともだちブログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧